カイロプラクティックには保険がきかないってホント?

カイロプラクティックには保険がきかないのは国家資格が原因だった!?

カイロプラクティックを利用しても、保険がききません。しかし、これはなぜなのでしょうか?他の医療行為は、保険がきくものもありますが、カイロプラクティックだと、なぜ適応されないのでしょうか?その原因には、国家資格を有しているかどうかが、大きく関わっていました。

カイロプラクティックは、国家資格化されているものではありません。つまり、あなたが利用しているカイロプラクティックは、無資格のスタッフが対応しているケースも少なくないという事です!

これが、保険適応にならない大きな原因と言えるでしょう。

アメリカではカイロプラクティックは保険がきく?

アメリカでは、カイロプラクティックは医療行為として認められていると言われています。しかし、実際は形だけの医師で、アメリカ人の誰もが、カイロプラクティックが本当の医療行為であるとは認めていません。

また、カイロプラクティックの考え方や定義にも、非常に曖昧なところがあるので、トラブルや事故が多発しやすいのも事実です。

国家資格がなければしてはいけない医療行為

国家資格がなければ診察や治療を行ってはいけない職業は、例えば医者や心理学療法士、鍼灸師、柔道整復士などです。これらの職業に就くには、資格がなければ診療行為をしてはいけません。
それだけでなく、その他の刑事罰などを受けた場合には、資格が取り上げられてしまいます!

最近人気の高い整体やカイロプラクティック、ふっとマッサージやフットケア、エステなどでは、実際に直接身体に触れて治療を行っています。そのため、これは十分に医療行為そのものと言えますし、本来なら国家資格を持っている人だけが従事できる行為です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ